青木屋ビル1階

Facebook Twitter Instagram LINE@

  • インフォメーション

2019.9.26
のぼり大国(続編)

唐戸のカフェ「青木屋ビル1階」の最終兵器「のぼり」についての考察、、、


下関の唐戸エリア(関門海峡岸まで徒歩3分)の古い建物(旧秋田商会ビル・南部町郵便局・旧英国領事館など)が並ぶ一角にある現在築60年の青木屋ビルの1階にある青木屋カフェ。

店主のブログページにご来訪ありがとうございます。

やはり、のぼり最強

という結論に至り、営業中はのぼりを掲げるようになった当店。
生きていますと「なぜあの時はあんなにもかたくなに否定したのだろう?」と後になって思うこと、よくありますよね。
私にとってののぼりもそのひとつ。

何が私にそうさせたのか、気づいたときには「のぼりはダサい」という感覚に侵されていた私です。
カフェを開くとき目指したのは「ヨーロッパの街並み」であり、のぼりが列挙したりイルミネーションギラギラだったりどぎつい色の看板だったりというものは、その対極にありました。「やだやだぜったい!!」

だがしかし、「目立たない」「分からない」という声。はたまた「おしゃれすぎて入りがたい」とすら言われるありさま。(決して目指したのは「おしゃれ」ではないのです。。。)

下関で、福岡で、東京で、、、どこへ行っても街中の看板を観察するようになりました。
そうやってみると、風景の一部になりすぎていてもはや目立たない「のぼり」の存在を、特に下関では「あわれ」に感じるようになりました。そうなるともう「のぼり」の勝利です。どんなに「ヨーロッパ!!」と息巻いていても、その根っこは「判官びいき」な日本人(わたくし、イザナギとイザナミの神が最初に作った淡路島の出身です)。論理的な説明の取り付く島がなくなる「情」ってやつにほだされて、「よし、いっちょのぼりを試してみますかっ!!」と鞍替えする訳です。

あ、あぁ、、、くだらなすぎる内容ですが、なんか割と長くなってきたので、続きはまた明日。どこまでひっぱるのぼりネタ?!どうぞ、気楽にお付き合いいただけますと幸いです。

ということで、本日は16:00~20:00通常営業です。
帰省して、淡路島の玉ねぎに次ぐ人気ヒット商品「たこせんべい」をお土産に買ってまいりましたので、先着20名様には、たこせんのアソートパックから小袋をひとつ、サービスいたします~♪

では、唐戸のカフェ「青木屋ビル1階」へのご来店を、心よりお待ちしております。

―――――――
【朝コーヒー曜日の変更】
9月より、朝コーヒーを木金曜日のみの販売に変更いたします。
木金: 7:55~8:25 朝コーヒー / 16:00~20:00 通常営業
土日: 13:00~17:00 通常営業

【価格改定】
10月より、メニュー価格を見直します。何卒ご了承くださいませ。

のぼり大国
坂上領(フルート)x松本圭司(ピアノ)DUO 【レビュー】坂上領(フルート)x松本圭司(ピアノ)DUO 【レビュー】坂上領(フルート)x松本圭司(ピアノ)DUO
HOME > インフォメーション > blog“店主のつぶやき”

店主のつぶやき